学術誌について

*注意*電子データは以下の区分に分かれて更新しており、個人利用に限りダウンロード可能とします。なお、広報媒体、その他学術団体、原稿データを転載し他サイトでの利用等個人利用以外の場合につきましては、ご利用の前に事務局までご連絡頂きますようお願い致します。(所属先は発行時のものとなります。)
2016年「日本外来臨床精神医学 vol.14 No.1」(2016)発行
目次
第16回学術大会「職場起因性ストレスをめぐる諸問題」
1.会長講演・基調講演・一般演題 (ダウンロード)
概要

会長講演「職場起因性ストレスを考えるー複数の職場における健康管理医の経験からー」

(紫藤 昌彦先生/紫藤クリニック)

基調講演「職場のメンタルヘルスーストレスチェック制度実施をふまえてー」

(渡辺 洋一郎先生/

 日本精神神経科診療所協会会長/日本精神科産業医協会共同理事)

一般演題

「抑うつ状態(F3.F4)で休職した患者の各種特性について」

(守田 耕太郎先生/守田クリニック)

「遷延化した適応障害ー診断と治療」

(西松 能子先生/あいクリニック神田)

「当院での休業再発者の分析から再発予防を考える」

(前久保 邦昭先生/前久保クリニック)


2.シンポジウム「精神科産業医に求められるものーストレスチェック制度をふまえてー」(ダウンロード)

概要

「専門外の産業医から見た職場ストレス」

(石田 喜義先生/朝日生命診療所)

「嘱託の精神科産業医が出来ることーストレスチェック制度をふまえてー」

(高野 知樹先生/神田東クリニック)

「求められるストレスチェック制度の有効活用」

(小西 喜朗先生/ウェルリンクメンタルヘルス研究所)

「企業におけるストレス診断と職場改善活動」

(道村 緑先生/帝人株式会社 人事総務部健康管理室)


3.第36回研究会・第37回研究会(ダウンロード)
概要
第36回研究会「発達障害を見逃さないためには」

基調講演「成人精神科臨床の場でアスペルガー症候群の疑いを抱く時ー初期統合失調症と対比しつつー」

(中安 信夫先生/原病院)

症例検討「発達障害とうつ病について」

(岩谷 泰志先生/いわたにクリニック)

「発達障害を合併したアルコール依存症患者の診断と治療」

(田渕 賀裕先生/成増厚生病院・東京アルコール医療センター)

第37回研究会「休職者の職場復帰ー「復職準備性」について考える」

基調講演「休業者の職場復帰に向けての寛解基準についてー「職場復帰寛解の5条件」の提唱ー」

症例検討「寛解の5条件を適用し完治に至った症例」

(前久保 邦昭先生/前久保クリニック)

「リワークプログラムでの介入方法ー双極性障害症例への実践からー」

(有馬 秀晃先生/品川駅前メンタルクリニック)


2015年「日本外来臨床精神医学 vol.13 No.1」(2015)発行
目次
第15回学術大会「新しく発達障害を考える」
1.会長講演・一般演題(ダウンロード)

概要

会長講演「発達障害とライフステージ」

(市川 宏伸先生/国立発達障害情報・支援センター)

一般演題「72回入退院して統合失調症とされた女性が当院での治療によって1ヶ月で自立出来たADHDの症例報告」

(大塚 明彦先生/大塚クリニック)


2.シンポジウム「新しく発達障害を考える」(ダウンロード)
概要

1.「思春期年代の自閉スペクトラム症の事例から」

(広沢 郁子先生/メンタル神田クリニック)

2.「子どもの頃の発達障害ー診断の手がかりになる小児期の特徴及び将来を見据えた小児期に必要な指導と治療」

(石崎 朝世先生/公益社団法人発達協会 王子クリニック)

3.「成人発達障害と社会」(米田 衆介先生/明神下診療所)

4.「心理テストから見える大人の発達障害」

(満山 かおる先生/公益財団晴和病院 臨床心理士)

5.「成人のASDとADHDをどう鑑別するか」

(加藤 進昌先生/公益財団法人神経研究所/昭和大学発達障害医療研究所)


3.第35回研究会(ダウンロード)
概要
第35回研究会「発達障害を見逃さないためには」

基調講演「精神科臨床で発達障害(成人)をどう捉え、対応するか」

(牛島 定信先生/聖みどり病院)

症例検討「発達障害併存事例治療の変遷ー長期治療2症例の治療経過からー」

(小野 和哉先生/東京慈恵会医科大学 精神医学講座)

「症例2」(米田 衆介先生/明神下診療所)