第19回日本外来臨床精神医学会学術大会(平成31年2月17日)

テーマ「境界域ASDをどう理解し治療するか」

理事長挨拶・特別講演 (市橋クリニック 院長 市橋秀夫先生 )

「固執傾向とイマジネーション障害の精神病理学-自閉スペクトラム症をどう理解するか-」 

大会開催のご挨拶・大会長講演(あいクリニック神田 理事長 西松能子先生)

「発達障害特性を持つ群への精神科診療所における取り組み―リワークデイケアを中心として-」

シンポジウム

1.(いわたにクリニック 院長 岩谷泰志先生)

「神経発達の評価と治療戦略」

2.(大塚クリニック 院長 大塚明彦先生)

「ASDの困難例の治療経験について」

3.(青山メンタルクリニック 院長 中村稔先生)

「適応不全、身体疼痛を来たした軽度ASDの症例」

関連演題(青葉クリニック 院長 藤本英生先生)

「私の薬物療法について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください