第42回研究会(平成30年11月11日)

テーマ「発達障害を外来でどうケアするか」

ケース1:(あいクリニック神田 理事長 西松 能子先生)

「適応障害、パーソナリティ障害、PTSDと診断された自閉スペクトラム障害」

ケース2:(一般社団法人リファイン就労支援センター 代表理事 井田 高志先生・浜松町メンタルクリニック 院長 加藤 高裕先生)

「ASDとADHDにより、職場不適応を起こした30歳男性の社会復帰の症例」

第19回日本外来臨床精神医学会学術大会(平成31年2月17日)

テーマ「境界域ASDをどう理解し治療するか」

理事長挨拶・特別講演 (市橋クリニック 院長 市橋秀夫先生 )

「固執傾向とイマジネーション障害の精神病理学-自閉スペクトラム症をどう理解するか-」 

大会開催のご挨拶・大会長講演(あいクリニック神田 理事長 西松能子先生)

「発達障害特性を持つ群への精神科診療所における取り組み―リワークデイケアを中心として-」

シンポジウム

1.(いわたにクリニック 院長 岩谷泰志先生)

「神経発達の評価と治療戦略」

2.(大塚クリニック 院長 大塚明彦先生)

「ASDの困難例の治療経験について」

3.(青山メンタルクリニック 院長 中村稔先生)

「適応不全、身体疼痛を来たした軽度ASDの症例」

関連演題(青葉クリニック 院長 藤本英生先生)

「私の薬物療法について」

日本外来臨床精神医学 2019 vol.17の発行について

平素より日本外来臨床精神医学会にご尽力賜り心より御礼申し上げます。

今年度より学術誌の発行媒体及び仕様につきまして以下変更することとなりましたのでご報告致します。

*学術誌の紙媒体での発行中止について*

例年、学術誌につきましては紙媒体(書籍)として発行しておりました。今年度理事会で今後の発行について協議をした結果、諸事情から今後紙媒体での発行は見送ること、媒体を紙媒体から当学会ホームページへのデータアップロード(更新)へと変更することが決定されました。

つきましては、こちらの同カテゴリー内に順次ご講演頂いた先生方の御承諾の元、ホームページへPDFデータにてアップロードしてまいります。会員の皆様におかれましてはダウンロード可能(フリー)としております。今後の精神医療の発展及び研究・技術向上にご使用頂けましたら幸いです。(非会員の方等につきましては別途その旨事務局へご連絡頂きます様お願い申し上げます。)

今後とも日本外来臨床精神医学会を宜しくお願い申し上げます。